トップ> コラム一覧> つくり手:The Tea for Chocolate 寄り添う紅茶 【前編】

つくり手

The Tea for Chocolate 寄り添う紅茶

2021.6.14

tea creator」シリーズとは、お茶づくりのプロフェッショナルがこれまで培ってきた経験と、研ぎ澄まされた五感から創りだされる、個性豊かなオリジナルブレンドティーだ。「tea creator」に込められたつくり手たちの思いを、その一杯とともにお届けしたい。

茶葉を鑑定している写真

「The Tea for Chocolate」は、チョコレート好きのティータイムをより豊かな時間にするために、数多くの茶葉で試作を重ね、多彩なチョコレートと食べ合わせ、お互いを引き立てあうようブレンドされた紅茶だ。

今までありそうであまりなかった「チョコレートとのペアリングを楽しむための紅茶」が、どのように誕生したか、開発を担当したティークリエイター森智洋が語る。

「The Tea for Chocolate」つくり手:森 智洋

三井農林株式会社 R&Dグループ 茶葉開発ユニット所属
2013年入社、藤枝工場の鑑定室配属、烏龍茶やジャスミン茶などの中国茶関連業務に携わる。2016年、紅茶の開発担当に着任。2017年からは買い付けも担当。2019年より再び開発業務に専念、現在に至る。
得意分野はブレンドと焙煎。リーフティーから、ペットボトルなど容器入り茶の原料茶葉まで、幅広い形態の開発業務を行う。

主な作品・受賞歴
2017年「マジェスティ」日本茶AWARD審査員奨励賞(部門2位)
2018年「マジェスティ2」日本茶AWARDファインプロダクト賞(部門1位)
2019年「にっぽんのアールグレイ〜橘晴〜」日本茶AWARD 審査員奨励賞(部門2位)

※日本茶AWARDとは?
日本茶の新たな価値を見出し、多くの方に多種多様なお茶の美味しさや香りを伝え、更には新しい生活スタイルを提案し日本茶の多様性と幅広い魅力を国内外へ発信する為に開催している品評会です。
日本茶AWARD »

写真

まずはアッサムの選定から

:まずはアッサムからスタートしました。一般的にチョコレートに合うといわれてきた紅茶で、私自身のこれまでの経験からも、アッサムはチョコレートに合うと感じていました。
アッサムは濃厚な味わいと、黒糖やスイートポテトのような、甘い香りが特徴の紅茶です。少しとろみがあるので、その甘さととろみが、チョコレートと相乗効果を生み出し、いいペアリングになっていると思います。
しかしながら、アッサムにも、様々な紅茶があります。
アッサムは、インド北東部のブラマプトラ河流域に広がる世界最大の紅茶産地・アッサム地方で生産されている紅茶の総称ですが、茶園ごとに個性がありますし、同じ茶園でも気候や時期などちょっとした条件違いで、多様な味わいになります。
ですから、アッサムの中でも、「どれが私たち日本人が好んでよく食べるチョコレートに合うのか」というところの原料選定から始めました。
:実際に試飲を始めてみると、アッサムの中でもチョコレートに合うものとあまり合わないと感じるものとがありました。個人的にこれはぴったりだと思ったのが、チップと呼ばれる部分が多く含まれたお茶。
チップとは、茶葉の先端部分のまだ葉が開いていないまるまった状態の芯芽の事をいいます。若い芽は小さく数が少ないため、大変貴重なものとされています。この芯芽が多いほど、よりチョコレートに合う印象を受けました。
:アッサムを手始めに、最終的には15地域の紅茶を試しています。
この地域の茶葉がチョコレートと合いそうだ、この地域とこの地域を混ぜたら相性がよさそうだ、まずはそういう感覚をつかんでいく。そこから、アッサムと同様に、同じ地域の中でも多様な種類の紅茶があるので、この地域の中の、その中でもこれだ、という個別のものを探し出しました。
最終的には6種類(6ロット)の紅茶をブレンドすることになりました。

続く中編では「The Tea for Chocolate」のちょっと意外なブレンドの内容や、そのポイントに迫る。

関連商品
The Tea for Chocolate(お試し)【ネコポス対応商品】

The Tea for Chocolate(お試し)【ネコポス対応商品】

700円(税込)

The Tea for Chocolate

The Tea for Chocolate

1,620円(税込)