Search

そのときの気持ちにおいしいお茶を

Collection

コレクション

Category

商品カテゴリー

 

トップ > TEA CREATOR

全5件

  • #3(スクエアスリー)TRIAL 2022

    #3(スクエアスリー)TRIAL 2022

    1,800円(税込)

    • 25026

    『#3(スクエアスリー)TRIAL 2022』のご紹介 「#3(スクエアスリー)」シリーズはnittoh.1909のティーテイスター・秋林がオリジナルのコンセプトにより、生葉の買い付けから製茶まで手掛けた和紅茶のラインナップです。 日本初の紅茶ブランドであり、世界でも高...

    残りあと10個

  • Botanytea-国産ベルガモット-<リーフ20g>

    Botanytea-国産ベルガモット-<リーフ20g>

    2,376円(税込)

    • 25014

    シリーズ「Botanytea(ボタニティー)」は、香料を使わず、果実そのもので香りづけをしたセンティッドティー。 使ったのは広島県産ベルガモットのピール(果皮)と和紅茶のみ。 香料は一切使わず、フレッシュアロマ製法(特許出願中)により、製造中に損なわれやす...

  • Botanytea-国産ベルガモット-<ドリップバッグ5袋入り>

    Botanytea-国産ベルガモット-<ドリップバッグ5袋入り>

    2,376円(税込)

    • 25013

    シリーズ「Botanytea(ボタニティー)」は、香料を使わず、果実そのもので香りづけをしたセンティッドティー。 使ったのは広島県産ベルガモットのピール(果皮)と和紅茶のみ。 香料は一切使わず、フレッシュアロマ製法(特許出願中)により、製造中に損なわれやす...

  • あの時飲んだ、あの烏龍茶の、あの味が忘れられなくて〜22年春〜

    あの時飲んだ、あの烏龍茶の、あの味が忘れられなくて〜22年春〜

    1,800円(税込)

    • 25027

    『あの時飲んだ、あの烏龍茶の、あの味が忘れられなくて〜22年春〜』のご紹介 当サイトでは、初となる烏龍茶のラインナップです。 ティーテイスター・秋林が初めて「武夷岩茶(ぶいがんちゃ)」を飲んだ『あの時』の衝撃的な香味を、国産茶葉で再現したいとの想い...

  • The Tea for Milk Tea 50g

    The Tea for Milk Tea 50g

    1,296円(税込)

    • 25025

    「"The Tea for" Chocolate」「"The Tea for" Chocolate チョコレートとペアリングを楽しむアソート」 に続く 「"The Tea for" Milk Tea」。 ティーテイスターと紅茶好きが創った、ミルクティーのための、オリジナルブレンドリーフティーが誕生いたしました。 『The ...






TEA CREATORとは

TEA CREATOR が誘う新たな茶の幽玄

TEA CREATORシリーズは、当社専属ティーテイスターの技術が織り成す茶の芸術品。
ティーテイスターたちは想う。

この手でゼロから作り上げたお茶で、
食シーンに「はっ」とする驚きと、「ほっ」とする彩りを添えたい。
次なる未知の茶体験に、高鳴る心にこたえたい。
お茶を愛するすべての人々に。

日本で最も歴史のある紅茶メーカー「三井農林」。
およそ100年にわたり紅茶文化を支えてきた彼らの確かな技術力とお茶にかける想いが、このシリーズの誕生を可能にしました。

ティーテイスターの職人仕事

お客様が漠然と思い浮かべる「いつもの味」が実は10〜20種類以上もの茶葉のブレンドということをご存知でしょうか。

お茶は農産物。同じ茶樹でも、その年の気候や土壌、栽培法によって、全く同じ味は決して生まれません。天然の素材を正確に鑑定し、「いつもの味」を緻密に織り上げることがいわば「ブレンド」であり、その味を保証するのがティーテイスターなのです。

ティーテイスターの仕事場「鑑定室」には、世界各国から毎週500〜1000点もの茶葉が届きます。その一つ一つに向き合ってテイスティングし、買い付けや開発を行います。研ぎ澄まされた五感と集中力、卓越した記憶力が求められるまさに「職人仕事」です。

つくり手の「想い」を込める

数えきれないほどのお茶と向き合ってきたその果てに、「こんなお茶を作りたい」が芽生えます。TEA CREATORシリーズは、ティーテイスター自身がコンセプトを決め、茶葉の買い付けからブレンドまで、ゼロから創造されたお茶たちです。

味を見極める確かな目と情熱あってこそ生まれた作品は、いずれも味わい深く、一つの「個性」に触れたように記憶に残ることでしょう。
ここだけで出会える特別な逸品を是非ご堪能ください。